国際交流基金の方から依頼があり、5月にお会いしたのが  中国の劉新宇さん。

   ご自身との活動の関係の中で、震災時のお子さんたちの震災による影響や状況などを学びたいうことで、  こども防災協会のユース代表の永沼悠斗くんと共にお話をさせていただきました。

 中国では、農村から都市部に保護者が出稼ぎに行き、  1年の大半をこどもと祖父母だけで暮らしているケースや  こどもだけで暮らしている家庭が多いそうです。

   そんなこどもたちの情操的な教育についてのサポートをしていらっしゃるのが劉新宇先生です。劉新宇ご自身も、幼い時にご両親とは離れて暮らし、そんな環境にいた自分自身を投影しながらサポートのメニューを考えているそう。

 新聞の記者をした後に、非営利活動を行う団体を立ち上げたのだそうです。

 私たちは防災についてのプログラムを開発しようとしており、それぞれの状況は違うものの、こどもたちの教育についての考え方などについての意見を交換した経験は貴重でした。

 来てくださってありがとうございました。

  <劉新宇さんのプロフィール>

 http://www.kwm.com/ja/cn/people/liu-xinyu